2005年04月09日

下田大智くん

国試の前、12月の終わりに偶然見たテレビで、ジストニアという難病を抱えた下田大智くんという男の子のことを知った。

たった今、その大智くんが亡くなったということを知った。このブログに直接お母様がコメントを下さって。

コメントを読んだとき、驚いて涙も出なかった。何が起こったのか、よくわからなかった。やっと状況がわかった瞬間、涙が止まらなくなった。手が震えて、キーもうまく打てないよ。

「一人だけ苦しんで、私たちは何も助けてやる事が出来ませんでした。」

番組を通して、あたしには、大智くんはお父さんやお母さんにたくさん助けられていたように見えました。お父さんやお母さんの愛情たっぷりの支えがあったから、あんなに頑張れたんだと思います。ご両親の大智くんへの想いが、あんなにつらい病気を抱えながらもあんなに頑張りやさんで、まっすぐで、素直な大智くんを育てていったんだと思います。ご両親やご家族の大智くんを想う気持ちは、ちゃんと大智くんに伝わっていたんだと思います。だからこそ、あたしたちはテレビの中の大智くんから元気や勇気をもらうことができたんだと思います。
一番つらかったのは、小さな身体で一生懸命病気と闘ってた大智くんかもしれません。だけど、お父様、お母様も、十分その思いをともにして、同じぐらい、それ以上に苦しい思いをなさったんじゃないかと思います。
あたしは職業柄、病気を抱える人とそのご家族を、まだ少しだけですけどみてきました。病気の本人がつらいのはもちろんですが、その家族のつらさも計り知れないといつも感じています。大智くんの番組を見たときも、同じ思いでした。だからこそ、大祐さんが歩かれてるのをみたお母様が驚きながら喜んでいる姿が胸を打ちました。

大智くんは、大祐さんと規子さんのこどもに生まれて、幸せだったと思います。それが、あたしがあの番組をみての率直な感想です。でも、だからこそ胸が苦しくなったのも事実です。大智くんやご両親の姿をみて、あたしは、元気や勇気をもらったというよりも、もどかしい気持ちでいっぱいでした。ずっとずっと元気に生きていって欲しい。病気なんかに負けずに元気になってほしい。そんな思いでいっぱいでした。
そして今また、くやしい気持ちでいっぱいです。どうしてあんなに頑張ってたのに、神様は助けてくれなかったんだろうって、くやしいです。

番組をみたとき、わたしは国家試験の勉強の真っ最中でした。3月、無事試験に合格し、看護師としてこの4月から都内の大学病院で働いています。まだまだ何もできない新米ですけど、これから少しずつ成長していって、一人でも多くの患者さんやその家族の方の支えになれるような看護師になりたいと思っています。
偶然でしたが、大智くんと大祐さん、規子さんのことを知ることができて、よかったです。これから看護師という仕事をしていく中で、大きな影響を与えてくれた出会いでした。あたしは、大智くんのこと、絶対に忘れません。

痛みや苦しみから解放されて、大智くんは天国で元気に走り回って、わたしたちのことを見守ってくれていますよね。

規子さま、コメントをありがとうございました。今はなかなか気持ちをうまく言葉にできなくて、文章がぐちゃぐちゃでごめんなさい。メールアドレスがわからないので、よかったら教えてください。わたしはpiecesxxx@hotmail.comです。
大智くんのご冥福をお祈り申し上げます。
posted by mochico at 23:51| Comment(10) | TrackBack(1) | Nursing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大智くんのご冥福をお祈り申し上げます。
心からご冥福をお祈りいたします。
今テレビで見たところです。
ネットで探していたら、ここと番宣しかなかった。
いい文章をありがとうございました。
Posted by あらら at 2005年05月06日 16:19
私もたった今 再放送で番組をみました。
大智くんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

もっと大智くんのことが知りたくて、PCの前に座ったんですが、涙がぽろぽろとでてきます。何を知りたかったのか?

「走りたい」健康な私はは普通にできることが大智くんの夢だった。そんな純粋な夢ってあるんでしょうか?

神様は意地悪ですね。

大智くんに「ボーっとして生きていたらいけないよ」
って怒られそうです。私も瞬間・瞬間を大事に していかなきゃ。

mochicoさんも看護士の仕事がんばってください
Posted by ぽち at 2005年05月07日 16:07
今、大智君の番組を見て感動し、元気をもらったのですが・・・最後に亡くなられたと聞いて、なんともいえない気持ちになりました。
今ごろ大智君は天国で一生懸命走り回っているのかなぁ。ご冥福をお祈りします。
Posted by まりも at 2005年05月07日 16:10
私も今再放送で大智君のことを知りました。あんな難病をかかえているのにすごく明るくて、笑顔が本当にかわいくていっぱい勇気を与えてくれたあのこがもうこの世界にいないなんて信じられません。
ほんとにどうして…天国で幸せに暮らしてほしいです。ご冥福をお祈りします。
Posted by ミル at 2005年05月07日 16:23
大祐 規子ご夫婦に、お会いしたいので、もし、先方のメルアド知ってたら、お教えください。 別に、怪しいものでは、ございません。
Posted by 下田賢一 at 2005年05月07日 16:55
ちょっと、慣れなくて、すみません。私のメルアドは、a08032269233@q.vodafone.ne.jp で、ございます。
Posted by 下田賢一 at 2005年05月07日 17:04
たくさんのコメントありがとうございます。
再放送していたのですね。見逃してしまいました。
私は本放送の方で番組をみて、その感想を少し日記で書いていた(http://lastkiss.seesaa.net/article/1427421.html)のを大智くんのお母様が偶然ご覧になってコメントを下さったのがきっかけで、この文章を書かせていただきました。
いろいろな方があの番組をみて何かを感じて、ここにコメントを下さるのは、嬉しいです。ありがとうございました。

・あららさん
いい文章なんてとんでもないです。あんなに胸をうつ番組だったのに、検索で引っかかる記事がないのが不思議ですよね。恐縮ながらいろいろと書かせていただいて、それを番組をみた人に見てもらえるのは嬉しいです。ありがとうございました。

・ぽちさん
再放送していたのですね。見逃してしまいました。
私も番組を見て、大智くんのまっすぐで純粋な姿に涙が止まりませんでした。亡くなってしまったなんて今でも信じられません。
生きている、痛みもなく当たり前のように歩いている、それが幸せな事だっていうことを改めて考えさせられます。命を大切にして精一杯生きていきたいですね。
ありがとうございます。仕事がんばります!

・まりもさん
大智くんが天国で、走り回って、あの無邪気な笑顔をいっぱい見せてくれていることを願います。

・ミルさん
番組を見た後も、亡くなったということを知ったときも、「どうして・・・」と悔しい気持ちでいっぱいになりました。ほんとに、天国でも幸せに暮らしていることを祈ります。

・下田賢一さん
ごめんなさい、メールアドレスを私の判断で教えることはできませんので、お母様にここのコメントのことを伝えておきました。多分みて下さると思います。申し訳ございませんがご理解のほどよろしくお願いいたします。
Posted by もちこ at 2005年05月07日 22:49
悲しすぎ・・・なんともいえない。でも、そんなふうに思う人が沢山いるんだね。天使だね。彼は・・・  ありがとう。
Posted by megu at 2005年05月08日 00:11
同じだいちという名の子を持つ母です。
再放送の番組を見てからというもの、毎日、下田大智君のことを思い出し、なかなか眠りにつけません。
こんなことを聞くのは大変無礼なのかもしれませんが、どうして大智君はなくなってしまったのですか?ジストニアで死ぬことはないと聞いたのですが?
手術をしたせいですか?手術をしなければ、大智君は
亡くなることはなかったのですか?
Posted by だいちのママ at 2005年05月09日 01:27
皆様方へ、こんなにも多くの方より大智のテレビを見てのコメントを頂きありがとうございました。それも胸を打つすばらしいコメントで・・・・大智も天国で喜んでいると思います。でもこんなにも早く天国へ行ってもらいたくなかった。みなさんも何で?と思われると思いますが、私達もおなじです。これからだったのに・・・・
 私のメールアドレスは、ns923@titan.ocn.ne.jpです。
 又何かありましたらメールください。
Posted by 下田大智の母より at 2005年05月13日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2873596

この記事へのトラックバック


Excerpt: ジストニアジストニア(dystonia)は中枢神経系の障害による不随意で持続的な筋収縮にかかわる運動障害の総称。姿勢異常や、全身あるいは身体の一部が捻れたり硬直、痙攣といった症状が起きる。主なものに眼..
Weblog: 病気、知らないと怖い!病気の話!
Tracked: 2007-10-01 20:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。